読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下へ参ります。

BLとロックバンドをこよなく愛するアラサーです。

きみはポラリス

きみはポラリス (新潮文庫)

きみはポラリス (新潮文庫)


三浦しをんさん、が好きです。
小説の代表作と言えば、『まほろ駅前多田便利軒』『舟を編む』『神去なあなあ日和』とかは実写映画化もされてて有名でしょうか。
どれも素敵な作品です。原作小説はもちろんのこと、映画もよかったなあ。
なんたって、3作中、2作に、松田龍平様が出てらっしゃるのですから!!
長身を猫背で隠したちょっと残念な姿、気だるげな表情から垣間見える流し目!!エロい!そして、あのなんとも言えぬ、斜に構えたような雰囲気がもうドツボです。萌えです。カッコいいんすよ、、、大好きな俳優さんです。
原作者がどこまで配役に意見できるかとか知らないですが、もし三浦さんの意見で松田龍平さんに決まっているとすれば、趣味が合うかも。ムフフ、次回作でも期待しちゃいます、、、。

ああ、ぐわっと話が逸れましたが、三浦しをんさんの作品の中で今回紹介したいのは『きみはポラリス』です。
(ほかの作品もいずれ紹介します!)
こちらも代表作で有名だから知っているひとも多いはず。


どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛、、、言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとして同じ関係性はない。けれど、人は生れながらにして、恋を恋だと知っているーー。
誰かをとても大切に思うときに放たれる、ただひとつの特別な光。カタチに囚われずその光を見出し、感情の宇宙を限りなく広げる、最強の恋愛小説集。


キュン。
って来ませんか!?この謳い文句!これに載せられて読みました、わたしは。
いやーー、ほんとに良いんです!この小説!
全部で11篇の短編小説が集まった一冊ですが、すべてに共通するキーワードがあります。それは、普通じゃない、ということ。
謳い文句にもあったような、三角関係、同性愛をはじめ、不倫や近親相姦、誘拐犯と被害者の吊り橋効果発展型の恋なんてのもあります。より取り見取り、ガクブルガクブル。
だけど、この小説に登場する人たちは決して普通じゃないなんて思ってないんです。ただ純粋に大切なひとを想って、一生懸命に恋してるんです。自分で言ってて恥ずかしいな。

私がとくに好きなのは、
・永遠に完結しない二通の手紙
そして対になっている続編
・永遠につづく手紙の最初の一文
ですね〜。
そう、同性愛ものなんです。ボーイズラブ。でも恋人同士でもなく、片想いなのかも微妙なとこのボーイズラブです。
岡田と寺島は、小学生のころから友人です。寺島はあほで底抜けに明るい、良い奴です。でもあほだから、付き合った彼女にすぐふられます。そんなあほをいつの間にか、好きになってしまった岡田。そのことを自覚しつつも、寺島とどうこうなりたいとは思わない。ただ、友人としてそばにいたい。お前の幸せを願う。そんなお話です。だから片想いストーリーとも言えないんですよ。
二篇を通して、ふたりが出会った小学生時代、高校の文化祭で体育倉庫に閉じ込められた話、そして大学生になったときの話が収録されてます。わたしはとくに、大学生のときの話が大好き!

ある冬の寒い日、岡田の住むアパートに寺島が訪れます。
なんでも、ラブレターを書きたいから手伝ってくれと。自分は文才がないから、内容を考えてくれ、と言ってきます。
寺島に友人以上の感情を抱いている岡田にしてみれば、あまりに残酷な申し出です。てか今時、ラブレターって。昭和か!しかも、渡す相手が借金まみれのくせに合コンに来るような女ときました。寺島、あほですね。絶対騙されてる。
でも、あほの子ほど可愛いってことでしょうか。ラーメンを食べながら、岡田は寺島のラブレター作成を手伝います。岡田、文才あるよな〜、寂しいと思う時、を聞かれて、夕暮れ時に帰宅へ向かう人が乗った電車がオレンジ色に光るようす、なんて答えちゃうんだから。ろまんちっく。嫌いじゃないです。ムフフ。
でもキャラじゃない素敵なスレーズを言ったもんだから、寺島は岡田を笑っちゃいます。それにイラついた岡田は、仲が良い延長なんでしょうけど、口喧嘩をします。口では負けてばっかりの寺島は、やけになって、

寺島:そうだよ!どうせ、俺はひとり寂しく生きて死にますよ!
岡田:俺がずっと一緒にいるよ。
寺島:えっ?

うっひょーーーー!BL来たか!?!
なんて、思いきや、手紙の一説の続きだから、さっさと書けと、さらっと受け流す、岡田。憎い、うぅぅ、胸が苦しい、、、。

岡田の想いを乗せた手紙は、絶対に届かないんだそうです。ずっと胸の中に留めておくもので。普通は、好きだったら、想いを伝えて、願わくば、相手にも同じ気持ちになってほしいと思いますよね。
でも岡田は最初からそんなつもりなくて、寺島から彼女の話を聞くたび、腹の中でファイアーストームを燃えたぎられせながら、ただ見守ってるんです。しかも、いつか寺島がほんとに良い奴だってことが分かるひとが現れたらいいな、なんて思いやったり。、
ほんとに大事に想うってこういうことなんかなー。すごいっす。あっぱれです。ごちそうさまです。

寺島、あほ可愛いけど、鈍すぎる!
このふたりがくっつくのはなー、展開的にないと思うけど、岡田には幸せになってほしいな、、、なんて妄想が展開しまくって、なんども読み返してしまいまう作品です。

主観入りまくり、ネタバレしまくりでしたが、そんな二篇も収録された、きみはポラリス。きっと、お気に入りのストーリーがあると思います。おすすめです。

ヨコハマ

週末に限って雨が降っている気がします。
雨は嫌いじゃないですが、溜まってしまった洗濯物が干せないのが辛いのです。こういう風に考える人って多いですよね? ただ、そう考えると、雨って可哀想だなー。雨が降る=天気が悪い、じゃないですか。なんか嫌われてるみたいで。でも、雨がなければ、野菜は育たないし、生態系が崩れるっていうのに。

そんな風に思って、普段は雨の日に出掛けたりしないのですが、横浜中華街まで、さんぽすることにしました。

録画していたドラマで美味しいお粥の名店が紹介されていて、お粥好きとしては、いてもたってもいられず、食べに行ってきました!

元町・中華街駅から徒歩5分くらい
中華街外の通りを少し曲がったところにありました。中華粥店「謝甜記(シャテンキ)」お店の雰囲気はおしゃれなカフェ、という感じで、チャイニーズ特有の騒がしいかんじはなく、ひとりでも入りやすかったです。
頼んだのは、ベーシックなお粥と小籠包。


本当にお米だったの!?って思うくらいに、真っ白なお粥はトロッとまろやかな口当たり。お粥をすくうと、お肉、ピータン、野菜など、たっくさんの具材がお目見え。お粥だけど、しっかりと食べた満足感がありました。こういう優しい味って、最近ご無沙汰だったなーと、心から思いました。 そのあとは、せっかく中華街まで来たので、通りをぶらぶら。 なにを思ったか、手相占いを受けました(笑) 人間って、右手に現実、左手に潜在意識の手相が出るそうで、わたしは総じて、現実が潜在意識に追いついてないって言われてしまいました。 ストレスが多い毎日でしょう、とか、考えていることと口に出していることがウラハラなんじゃないですか?とか。うーん、確かに的を得ているんだけど、現代人なら誰でも当てはまるんじゃ??なんて、思っちゃいましたけど。 2016年はひとり行動が運勢を上げるとも言われました。小心者にはハードルがたっかいなあーって思いつつも、いいことがあるからって背中を押された気がして、すこし勇気が湧きました。 雨の日のお出かけもたまにはいいですね。 明日からの一週間、がんばれそうです。

『どうしても、触れたくない』

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)

Amazonの商品紹介ってこうやってやるんですね!!!
って1行目から、唐突にはじめてごめんなさい。とても素敵な作品を読んだので感想をと思ったのものの、iphoneとの連結の仕方が分からず四苦八苦していました。はてなブログ経由で表示させるんですね!勉強になりました。
どうでもいいですが、『あいふぉん』って入力したら『eyephone』が最上位に出てきましたよ。大丈夫かな、アップル製品?

さてさて、『どうしても触れたくない』を読んだのです。前々から、ストーリー展開の良さであったり、実写映画化されていたりと、話題に上がっていたので、BL初心者としては、目を通したいな、と思っていました。

読んだ結果、、、。
期待を裏切らない、いえ、その斜め45度をいくというか、、、。このザワザワ感を表現しきれず、もどかしい!!

主人公の嶋くん(26歳会社員、ゲイ)は、ある理由から大手システムメーカー(?)を退職します。転職先である企業で出会った上司である外川さん(29歳、ノンケ)は、初対面から二日酔いによりお酒臭いは、タバコ臭いやら、やたらと馴れなれしいやら、最悪な印象。
しかし、底ぬけに明るい外川さんと交流していく中で、徐々に会社にも慣れて、同僚とも打ち解けていきます。
そんなある日、ふたりで食事をしたあとに、酔った勢いで、外川さんが嶋くんにキスを、、、。
『嶋くん: 何してるんですか!こんなところで。人が見てますよ。』
『外川さん: じゃあ、人が見てないところにいく、、、?』
はわあああー、とこんな流れで、ふたりは良い仲になって、山あり谷ありと言った展開です。
肝心なところを、要約していまい、申し訳ありません。意外にストーリーを、まとめるのって難しくて、序盤でくじけました。

何がいいって、嶋くんの、とっても不器用で、でも必死な恋の仕方ですよー。
外川さんを好きで、大好きだからこそ、傷つけたくないし、幸せになって欲しい。そのためには自分という存在は、外川さんにとって本当に必要なのか、身を引いたほうが賢明なのではないか、と葛藤します。
なんというか、こういう想いって、なにもボーイズラブに限らず、男女の関係にも、友人関係にも、はたまた家族であっても芽生える感情ですよね。相手を好きになって大切に想い、同じ時間を共有する。時間は有限ですから、自分と同じように、相手にとってもその時間が、かけがえないものであって欲しいと願うのは自然なことです。ましてや、男性どおしであれば、まだまだ社会的にオープンにできない関係性なので、相手に深く依存していくと、そういう想いって強くなりますよね。
だけどねー、勇気を出して!嶋くん!!!
ってなんども誌面に向かって応援していた私です。不安や怖さを乗り越えて、創り上げた関係は、きっと大きな財産になりますよね。

嶋くんの可愛さ、さることながら、
外川さんのあっけらかんとした明るさが良かったですよ〜。いつの時も、一人くらいいますよね。外川さんみたいに明るくてだれともすぐ受けとけちゃうタイプのひと。でもそんなひとって大概、外川さん同じように、暗い過去であったり、誰にも見せられない裏の顔があったりしますよね。
もう、そんなところが見えちゃったら、一気に親近感わくっていうか、明るいところにこそ影は存在するんだなーって納得しちゃいますよ。

こんなわけで、どんなわけで?ですが、
ストーリーが登場人物たちの気持ちの変化とともに、とっても丁寧にゆっくりと展開されてゆくので、読者としても、自然と共感して、心奪われていく、といった感じの作品でした。

先述したように、人と人との関係性が丁寧に描かれていますし、どちらかと言えば、エッチシーンも少なめなんで、BLを読んだことがない方でも楽しめると思います。以上!

ブログはじめました

つらつらと書きたいことがたくさんあるので、ブログを始めます。はてなブログは以前から読者としては知ってはいたものの、いざ書く側になると、『プロフィールってどう書くの?検索は?わからん!』ってなりますね。少しずつ慣れていきたいと思います。

雨の週末。寒さと共に季節が進んで、今年も冬がやって来ます。